シャモアがいる動物園一覧

シャモア特集
この記事は約3分で読めます。

本稿では、シャモアがいる日本の動物園を一覧にし、展示場所や個体情報をまとめています。
シャモアが見れる日本の動物園は、東京都にある「多摩動物公園」の1ヵ所のみとなっています。
さらに、2020年の時点では1頭しか飼育されていません。

普段はスルーしてしまいがちなマイナーな動物ですが、日本で見れるのはとても貴重なので、本稿で展示場所やシャモアの生態を確認してから見に行ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク

シャモアがいる動物園一覧

シャモアがいる動物園を地域ごとに紹介します。

関東地方

関東地方のシャモアがいる動物園を1カ所紹介します。

【東京都】多摩動物公園

じゃらん

日本カモシカセンターの閉園に伴い、2006年11月にシャモアの「ヤックル」「アルプス」「モンブラン」がやってきました。
「ヤックル」と「アルプス」は既に死亡しているため、展示されているので「モンブラン」のみです。

「モンブラン」は「ヤックル」と「アルプス」の子どもです。
来園当時「モンブラン」はまだ子どもで、母親の後ろにすぐに隠れてしまうような臆病な性格をしていました。

飼育しているシャモアの詳細
  • 飼育頭数:1頭
  • 展示場所:アジア園のターキンの隣
飼育しているシャモア
名前性別生年月日備考
モンブラン
オス2006年5月22日父:ヤックル
母:アルプス
ヤックル
2011年に死亡
オス不明
アルプス
2012年に死亡
メス不明
施設詳細

過去にシャモアがいた施設

過去にシャモアが展示されていた施設を紹介します。

【三重県】日本カモシカセンター

世界で唯一のカモシカ専門の動物園でした。
老朽化などから2006年11月30日に閉園し、閉園に伴い飼育していたシャモア3頭が多摩動物公園に引き取られました。

シャモアとは?

シャモア そもそも、シャモアとはどのような動物なのでしょうか。
シャモアについて、大きさや分布などを紹介します。
英名Chamois
学名Rupicapra rupicapra
分類偶蹄目ウシ科
分布スペイン北部、イタリア、チェコ、トルコ北東部など
大きさ
  • 体長:110〜130cm
  • 肩高:70〜85cm
  • 体重:25〜62kg
食性
  • 植物食(草、木の芽など)
  • 動物園ではカシの葉や乾草、サツマイモなどを与えている
その他詳細雌雄ともに、最大20cmほどの黒く短い角がある
タイトルとURLをコピーしました